コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら
コンテンツタイトル下地

特徴

  • アプリケーション例

    バイオ医薬品の探索:
    プライマリー細胞やB細胞、ハイブリドーマをシングルセル化し、分泌された抗原特異的抗体を探索

    バイオ医薬品開発:
    細胞株樹立プロセスにおいて目的タンパク質高産生クローンを迅速に同定しモノクローナル化

  • Cyto-Mine
    • 小型化された反応系での高速処理で、時間とコストを劇的に削減します。
    • シングルセル20万個から最大500万個(プールした場合)の細胞を数時間内で処理します。
    • それぞれのシングルセルごとに、抗体や酵素、バイオマーカーなどの分泌タンパク質を測定できます。
    • 最大1万個のシングルセルを96-ウェル、384ウェルプレートへ分注します。
    • クラスIIバイオセイフティーキャビネット内での使用に配慮したベンチトップ型デザインです。
    • ディスポーザブルで動物由来成分を含まないCyto-Cartridge®により無菌性を保ち、かつ再現性の高い解析が可能です。
    • 特別な技術を要さない簡便でシンプルな操作性のため、複雑な設定やトレーニングは不要です。
    • 全自動化されており、かつ外部の研究装置と接続が可能です。
    • 個々の細胞をカプセル化することで、培養、アッセイ、ソーティング、および分注が穏やかな条件下で迅速になされます。

    • Cyto-Cartridgeサイトカートリッジ®

VIDEO(動画) Cyto-Mine®のワークフロー

仕様

(2018年4月1日現在)

システム仕様

重量
85 kg (187 lbs) - 梱包重量 110 kg (242 lbs)
寸法
860 mm × 566 mm × 463 mm (34 × 23 × 19インチ (幅 × 高さ × 奥行))
電源[周波数]
100 V (最小)~240 V (最大) [@ 50 Hz / 60 Hz]  500W(最大)

稼働仕様

サンプル投入方法
ディスポーザブルなCyto-Cartridge®にロードする
サンプル投入形式
哺乳類細胞を含む細胞培養液
ワークフロー(動作モード)
モノクローナリティアシュアランス;ダイレクトアッセイ;セルラインスタビリティ
本体プレート収容可能量
1枚ずつ収容、またはオプションでスタッカーを使用可(お問合せください)
分注速度
1ウェル/秒
稼働時間
2~7時間(プロトコルにより変動)
封じ込め・無菌性
バイオセーフティキャビネットを使用すること

検出

検出システム
レーザー励起蛍光(蛍光プローブ、FRET等)
励起波長
488 nm
検出波長*
520nm & 620nm(ピーク検出波長)
カメラ
ハイスピードCMOS

PC

コンピュータ
Cyto-Mine®内に組込み
PCオペレーションシステム
Microsoft Windows 7 Professional
モニタ
Colour LCD (21”)
外部接続
USB×4;Ethernet×1
Cyto-Mine®データ形式
.XLS; .BMP; .PDF; .XML (データベースとの統合についてはお問合せください)

ソフトウェア仕様

システムコントロールソフトウェア
Cyto- Mine® Studio Software Suite
モノクローナリティ検証
画像撮影・処理
データトラッキング
画面上の各データにハイパーリンクを設定
データフィデリティ
タイムスタンプ編集により測定データをロック

作業環境

クリアランス
30cm
湿度
30~80%
作動温度
21±5℃
設置場所の準備
「Cyto-Mine® システム設置要件ガイド」を参照

* カスタムフィルターの設定も可能ですが、購入時にご指定いただく必要があります。詳細についてはお問合せください。

消耗品

マイクロ流体バイオチップ
Cyto-Cartridge®
専用試薬
Cyto-Surf® Solutions(容量:250ml)
マイクロプレート適合性
96および384ウェル。主要なSBS規格準拠プレート。

仕様は予告なく変更されることがあります。
本製品は研究用です。治療・診断にはご利用いただけません。
Cyto-Mine®, Cyto-Cartridge® and Cyto-Surf® は、Sphere Fluidics Limited.の登録商標です。
© Sphere Fluidics Ltd.

Picodroplet Single Cell Assay & Isolation System
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る